やればできるなんて嘘っぱちだ!

DIY・iSmart・PC・クラフト…調べて勉強してやってみた男の記録「やってみなきゃわからねぇ」

DIY

Pioneerのコンポ(X-HM50)を修理する1

投稿日:

4ヶ月前に中古で買ったコンポ(X-HM50)のディスクトレイが開かなくなりました…。

もともと壊れているものを修理して使うつもりだったので,「ついにきたか」という感じです。

実はディスクを読まなくなって,分解してレンズをクリーニングしたのが3か月前。

今回,最終的には修理できましたが…近いうちにまた不具合が起こりそうです。

 

修理して使う前提で買う

仕事の環境に音楽を流したくなって,中古でいいものはないかと探し始めたのが半年前。

近くの HARD OFF で確か8000円くらい。もうちょっと高かったかな?

2011年製なので,6年前のもの。

店に並んでいた時には,完全に動く状態で,左右のスピーカーもセット。(リモコンがなかった)

中古だし,すぐに不具合が出るだろうとは思ったけど,いろいろ調べると「ディスクトレイが開かなくなるのは,修理が簡単」ということを知り,修理するのも楽しそうだし,買っちゃった。

…すると,見事に3週間くらいでCDを読まなくなるようになる。早っ!

これも修理は簡単だということで,やってみた。

コンポをいじるのは初めてだったけど,これが成功!すげぇな,やってみるもんやな。

「これで1年間くらいは使えるやろう」と,思いきや…。トレイが空かなくなる。早っ!

修理したのこの前だし,分解の仕方とかまだ覚えてるし,まぁいいか。やってみよう。

 

ねじを外す

まずはねじを外していきます。もちろん,電源コードは抜いた状態でね。

X-HM50の分解

両サイドの4つと,後ろの4つ。黒いねじは外しません。

両サイドを下から持ち,広げるようにして開けると…

X-HM50の分解

前の方が引っかかるようになっているので,後ろを持ち上げる。前のツメに引っかかってるのを取るのはなんか難しい。けど,ウニョウニョしてたらガコンと取れるw。

上には,iPodのドックがついていて,そこにコードがつながってるので注意。

X-HM50の分解

このコードを白いプラグの部分から抜く。…結構力がいる。爪が痛い。

無事に開くと↓

X-HM50の分解

 

コードを抜いて基盤を外す

基板についているコードを抜いていきます。

X-HM50の分解

白いプラグがついているものは,両サイドを持ち上げながら,少しずつ抜いていきます。…爪が痛い。

コードを引っぱってもいいのだろうけど,コードが切れそうで怖い。

どんどん抜いていきます。

X-HM50の分解

平らな帯のようなコードは,コード事態を抜いていきます。↓

X-HM50の分解

間違って,黒いピンを基盤から抜こうとすると,大変なことに…

初めてトライしたときに,力づくで抜きかけました。(^^;)

全部抜いたら,基盤をとめているネジを取ります↓

X-HM50の分解

そして,基盤を取り外す。

X-HM50の分解

 

前面のパネルを外す

電源ボタンやボリュームの調節ダイアルなどがついている前面のパネルを外すためには,ネジを4つ取ります。

下の2つと…

X-HM50の分解

サイドの2つ。

X-HM50の分解

ここにはアースの役割?をするようなコードがつながっています。組み立て時に忘れないようにしないといけません。

ちなみに僕は,外したネジはこのように順番に並べていくようにしています。

外したネジの整理

小さい時には,セロハンテープの接着面を上にして,転がらないように置いていきます。

 

前面パネルを引き出すと,コードが数カ所つながっているのがわかります。これも抜いてしまいます。

X-HM50の分解

X-HM50の分解

できました。

 

ディスクのユニットを取り外す

いよいよディスクが見えてきました。

このディスクトレイを読み込むユニットごと取り外します。

X-HM50の分解

よく見ると,奥深くにネジが…

X-HM50の分解

4つ外すと…

X-HM50の分解

取れました!

注意しないといけないのは,裏にコードがつながっているところ。冷静に外します。

X-HM50の分解

さらに,ネジを4つ外して,カバーのようなものを外します。

X-HM50の分解

すると…だいぶ見えてきました。

X-HM50の分解

 

ディスクトレーを外してゴムベルトを取る

ゴムベルトまでもうひといき。

ディスクトレーは閉まったままです。力尽くで開けようと思っても開きません。裏側を見ると↓のような突起があるので,これをスライド。

X-HM50の分解

すると,ガシャンといって,ディスクを持ち上げていた読み取り部分が下がります。

手で,ディスクトレーをスライドできるようになりました。

X-HM50の分解

ゆっくりスライドさせると…

X-HM50の分解

ありました!このゴムベルトが硬くなったり,緩くなったりして開かなくなるのだそう。

X-HM50の分解

取り外します。

 

替えのゴムベルトを買って,ゴムを替える

交換するゴムベルトはネットで検索すれば出てきます。

しかし,すぐに替えたい僕は…待てない。ということで,替わりのものになるゴムを探しに行きます。

よくある飴色の輪ゴムだと,すぐにのびてしまいそうなので,劣化しにくいものを探します。

しかしなかなか見つからず…。店員さんに聞くと「ゴム…ですよねぇ。こんなのはないですねぇ。補修リングとはまた違いますもんねぇ…」

ということで,ゴムの売り場をチェックし,水道関連の売り場に行きます。

補修リング…ありました。

補修Oリング

確かに似ている!

ピッタリのサイズはないけど,「使用したオーリングはやや大きくなっている場合があります」って書いているし,一番サイズが近いけどちょっと小さめのものを買います。

サイズ感はこんな感じ。

補修Oリングをゴムベルトに

グイグイ引っ張って,伸ばしておいて,装着。

X-HM50の分解

あとは,分解の逆手順で組み立てていきます。逆はけっこう早い。

コードを必要以上にさわらなければ,だいたい挿す位置にコードがくるから。

X-HM50の組み立て

完成!

 

チェックして完成

思ったよりも簡単でした。コンセントを挿して,電源をポチっ。…。…。

…。…。

つかない。あれ?

ゴムを替えただけなのに…。

フューズを確認。切れてない。

いろいろさわってみて,分解と組み立てを繰り返してみても…電源が入らない。

押すと「チッ」というので,何かが動こうとはしているみたいだけど,電源が入らない。

ディスプレイ部分にも何も出ない。

 

…試しに,ゴムつけずに組み立てて電源ON。着いた!着きました。

ゴムのせいか。たしかにキツそうだけど,それを感知しているのか…?。

仕方がないので,ゴムは専用のものを買うようにした。

もとのゴムに戻してスイッチオン。…着いた!よかった。

ゴムが原因だったか。

ちなみにOPENを押してみると…

X-HM50の組み立て

おい!開くやんけ!

なぜ開くようになったのかは謎のまま。

…だって,実質は開けて閉めただけだから。

不思議ですね。

 

いずれにせよ,次に動かなくなる日も近いと思うので,ゴムバンドを注文しておきます。

次は専用のものを使う!

-DIY
-,

Copyright© やればできるなんて嘘っぱちだ! , 2021 All Rights Reserved.